宇治FCジュニアユースオフィシャルサイト

京都で活動するサッカークラブチーム
宇治FCジュニアユースオフィシャルサイト

宇治FCレディース

TO JLeague

松村 亮
徳島ヴォルティス
宇治FC在籍期間

松村 亮

まつむら りょう

伊勢田サッカークラブ、宇治FCジュニアユースを経て、2010年、ヴィッセル神戸U-18に加入。同期には岩波拓也、前田凌佑、和田倫季らがいる。
2011年、U-17日本代表に選出され、メキシコ遠征を経験したが、2011 FIFA U-17ワールドカップの代表メンバーからは落選した。同年、第35回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会で準優勝。プリンスリーグ関西1部で優勝を飾り、参入戦を勝ち抜いてプレミアリーグウエストへ昇格した。プリンスリーグではチーム総得点の半数以上に関わる12得点14アシストを記録し、リーグMVPに選出された。
2012年5月11日、トップチームに2種登録されると、5日後のナビスコカップグループリーグ第4節清水エスパルス戦に後半17分から出場し、公式戦デビュー。出場から僅か2分後の後半19分に得点を挙げ、小川慶治朗が保持していたクラブ最年少得点記録を更新した(17歳11か月1日)。プレミアリーグウエストでは得点ランキング首位を独走し、計22得点を挙げて得点王に輝いた。
2013年、前田凌佑、和田倫季と共にトップチームへ昇格。J2第32節ギラヴァンツ北九州戦でリーグ戦初得点を記録した。
2014年、前年限りで現役を退いた吉田孝行から直々に指名を受け、背番号「17」を受け継いだ。開幕戦のJ1第1節川崎フロンターレ戦に途中出場し、J1初得点を記録した。
2015年、栃木SCへ期限付き移籍。2015年末で栃木SCへの期限付き移籍期間が満了となり2016年より神戸に復帰した。
2017年、徳島ヴォルティスへ期限付き移籍。

ユース経歴
2001年 - 2006年 伊勢田サッカークラブ (宇治市立宇治小学校)
2007年 - 2009年 宇治FCジュニアユース (宇治市立宇治中学校)
2010年 - 2012年 ヴィッセル神戸U-18 (啓明学院高校)
2012年 ヴィッセル神戸 (2種登録選手)
プロ経歴
2013年 - 日本の旗 ヴィッセル神戸
2015年 日本の旗 栃木SC (期限付き移籍)
2017年 日本の旗 徳島ヴォルティス (期限付き移籍)
武岡優斗
川崎フロンターレ
宇治FC在籍期間
2007年~2009年

武岡優斗

たけおか ゆうと

国士舘大学4年時には主将を務め、天皇杯では鹿島アントラーズを相手に善戦し、PK戦まで持ち込む活躍を見せた。
2009年に国士舘大学からサガン鳥栖へ入団。デビュー年ながらリーグ40試合(うち先発34試合)に出場しチームの中心選手として活躍。
2010年には鳥栖時代の監督・岸野靖之が指揮を執る横浜FCへと移籍。
しかし大怪我を負ってしまい、2011年度は出場記録はゼロとなってしまう。
2012年、怪我から復帰。 すると、チームを救うゴールを上げるなど大活躍。 チームの中心選手としてJ1昇格を目指すチームの中核を担っていた。
2013年も中心選手として40試合に出場した。サイドバックにコンバートされてレギュラーに定着。
2014年から川崎フロンターレに完全移籍[1]。風間八宏監督の元、3バックの一角も務めて、マルチな才能を見せる。
川崎に所属していたレナトと練習後に一対一をやり続けた結果、対人にはめっぽう強い選手へ変わった。
2015年J1初ゴールを達成。
2016年も主力として活躍していたが、終盤戦で怪我をしてしまい、フルシーズンを戦い抜くことは出来なかった。

宇治FC
2002年 - 2004年 大谷高校
2005年 - 2008年 国士舘大学
2009年 日本の旗 サガン鳥栖
2010年 - 2013年 日本の旗 横浜FC
2014年 - 日本の旗 川崎フロンターレ
小屋松 知哉
京都サンガF.C.
宇治FC在籍期間
2008年 - 2010年

小屋松 知哉

Koyamatsu Tomoya

京都府生まれのFWで第91回全国高等学校サッカー選手権大会では、京都橘高校で準優勝に貢献。1学年先輩の仙頭啓矢とともに大会得点王を獲得した。 第92回全国高等学校サッカー選手権大会では、チームのキャプテンとして出場した。

ユース経歴
2002年 - 2007年 久御山バイソンズ
2008年 - 2010年 宇治FCジュニア
2011年 - 2014年 京都橘高校

プロ経歴
2014年 - 2016年 名古屋グランパスエイト
2017年 - 京都サンガF.C.